目指すもの

学校給食で子どもたちを元気に

バングラデシュの農村では、栄養不足のため成長不良の子どもたちが数多くいます。

JBCEAバングラデシュでは、2010年より子供たちの栄養改善を願って、学校給食制度がない農村で地元産大豆を使った学校給食を始めました。

住民や保護者自らが力を合わせて学校給食を実施運営するモデル校を作り、それが周辺地域に広がっていくことで、より多くの子どもたちが健康に成長することをめざしています。

 これまでの活動、そして今

学校給食の開始

バングラデシュでは、公立小学校の学校給食制度はありません。

 

JBCEAバングラデシュは学校給食実施のために2009年から行政の許可を得る手続きや、シャシャ郡内で給食を実施する学校の選定を行いました。

電気・ガス・水道がない農村で、どうしたら衛生的に栄養バランスの良い学校給食を作れるか、いろいろ考えながら、調理室の建設や、調理員のトレーニングを行い、メニューは地元産の大豆を使うことにしました。

 

2010年に1校で開始し、2011年にはさらに1校を加え、2014年まで2校で実施した結果、給食によって子どもたちの栄養状態は改善し、体格もよくなりました(グラフ)。

また、それまで学校に来なかった子どもたちも登校するようになり、ドロップアウトする子どもも減少して成績もよくなりました。

 

2012年には、地域住民による継続をめざして経費削減と住民の寄付を考慮し、新たな1校を加えて3校で実施しました。


継続の難しさ

当初の計画では、3年後には地域住民の協力によって継続できることをめざしてスタートしました。

しかし、よい成果が確認できても、日本の支援への依存心や、当事者意識の低さ、村の有力者に対する住民の発言力の弱さなどから、住民から資金の協力を得ることができず、給食は継続できませんでした。3校目の学校も、学校運営委員会内の政治的ないざこざが原因で、学校給食を辞退することになりました。

地域住民が運営する学校給食モデルづくり

こうした経験を踏まえて、2015年から住民参加による持続可能な学校給食モデルづくりをめざし、住民と共に実施体制を考えながら取り組んでいます。

シャシャ郡内の124校の公立小学校から、規模やアクセス、住民のやる気と可能性、政治的な影響などを慎重に検討し、住民たちと協議を重ねた結果、ジョドナットプール村の学校で実施することが決定しました。

給食室建設や学校菜園づくり、調理員の選定、調理トレーニングなど一つ一つ時間をかけて学校・地域住民と相談しながら進め、学校給食を継続しています。

学校給食委員のレベカさんの喜び

 

息子が通う小学校で学校給食が始まって2年、息子は給食を食べて体格がよくなり、勉強もよくできるようになりました。以前は病気がちでしたが、元気になってたいへん嬉しいです。

日雇い労働者として働いている夫は、5年前に大病を患い、治療のために借金をしたので経済的に厳しいです。私の近所の家の家事手伝いをして家計を助けていますが、一人息子に栄養のある食事を食べさせたくてもできませんでした。でも学校給食のおかげで、親が昼食の心配をしなくても子どもは健康に育っていますし、それだけでなく学校で手洗いや清潔についても学んできます。

私は学校の近くに住んでいるので、登校する子どもたちの様子がよくわかるのですが、あまり学校に行かなかった子どもたちも、給食が始まってから毎日学校に行くようになっています。

学校給食のために保護者も協力していて、1ヶ月2〜3kgのお米を出しています。その他にも、学校で野菜を作って給食の材料にしたり、村の人たちから寄付を集めたり、学校給食を続けるにはどうしたらよいか、学校給食実行委員会のみんなで考えています。実行委員たちもいろいろな形で協力していて、私は学校が近いので毎朝調理の手伝いをしています。(写真は他メンバーと食材購入するレベカさん ※オレンジのサリー)

今年、息子は5年生で小学校卒業ですが、子どもたちが元気に育つ学校給食が続くように、これからもお手伝いを続けるつもりです。

 

 今後の課題

学校給食運営の強化

 

学校給食の運営は、2019年から学校運営委員会と学校、JBCEAが協力して行っています。学校運営委員会の中に実際に学校給食の活動を行う「学校給食運営チーム」を置き、地域の協力者を加えたメンバーで活動しています。子供たちの健康を支える学校給食が継続していくように、月1回のミーティングで進捗状況を共有し、課題を把握し、協力して解決を行います。

 

■各役割:

□学校:食材等の手配、調理配膳の監督、保護者からの米・お金の管理、日々の会計管理

□学校運営委員会・学校給食運営チーム:地域住民の寄付や保護者からの米・お金集めの働きかけ、運営モニタリング、学校給食イベントの協力

□JBCEA:全体の統括、事業実施の指導・支援、モニタリング、収支バランス・報告書作成

学校給食を住民参加で持続可能に

 

給食経費は、初年度(2015年)から目標を決めて自立度をアップし、最終的に資金のすべてを現地が担う計画で進めていましたが、ほとんどが零細農家や日雇い労働者という貧しい村であること、異常気象による農作物被害のため、地域から寄付が集まらず、一時期学校給食が続けられない事態となりました。しかし、母親たちの強い要望を受け、継続するためにどうしたらよいか協議し、それまで保護者から毎月低学年2キロ、高学年3キロを集めていた米に加え、食材費購入費として20タカを集める、地域住民からの寄付を目標どおり集める、そして継続のためにJBCEAが費用の一部を支援することで合意し、給食が再開されました。

給食を継続して運営していくためには、地域住民が担い手として自覚し、地域の協力を広げる地道な努力が必要です。健康増進のための楽しい参画型イベント、学校給食ハッピーデイ(運動会)や児童表彰式など、地域全体を巻き込む新たな取り組みも始まっています。

女性のエンパワーメント

地域を巻き込んで学校給食を継続していくためには、自分たちの子供を何としても健康に育てたい、そのためにできることは何でもやるという強い意志をもって活動にあたる母親たちの力が必要です。宗教的理由(イスラム教徒が9割の国)もあり、男性のなかで女性が自由に発言するには抵抗がある現状をみると、女性の考えや意見を積極的に発信できる環境づくりも大事になります。

ジョドナットプール村では5つの母親グループを地区ごとに組織し、学校給食の米集めや野菜の寄付を呼びかけるなど、学校給食の継続の協力を行うとともに、栄養や健康のワークショップや、日頃から情報交換のネットワークを作ることで、互いに学びあい力を発揮できるよう取り組んでいます。

※2020年3月17日、新型コロナの影響ですべての学校が閉鎖となり、今後の学校再開と同時に学校給食が再開できるように、現在準備を行っています。

学校給食プログラム紹介動画一覧